イブニングを読んだら、江口寿史が連載3回目にしてもう原稿を落としていて笑った。