読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

comic

2011年のマンガ

コジカは正義の味方じゃない 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)作者: 小原愼司出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2011/04/23メディア: コミック購入: 3人 クリック: 18回この商品を含むブログ (18件) を見る竜の学校は山の上 九井諒子作品集…

震災前/後のマンガ

地震が起きてからしばらくは単純に忙しかったり本屋が営業していなかったりして、マンガを読まなかった時期があったのだけど、最近はわりと楽しめています。記憶力がないので直近に読んだマンガしか覚えていません。タイトルに意味はない。コジカは正義の味…

西村ツチカ『西村ツチカ作品集 なかよし団の冒険』

「画がうまい」ていう形容をするとき、漫画に対する評価としてはホメてる度低かったりすることが多いし、ましてやヘタウマ作風とかって全然好きじゃないんだけど、この人はほんとに漫画がうまいね。今回のは全部短編なので連載読んでみたい。ガロっぽいとか…

新次元 マンガ表現の現在

水戸芸術館の企画展『新次元 マンガ表現の現在』に行ってきました。 新次元 マンガ表現の現在 マンガの世界を空間で!みたいなコンセプトのもと、部屋ごとにマンガの世界が再現されており、ある種、万博的といえなくもないような展覧会。もうすぐ終わっちゃ…

SCOF

例によってレンタルコミックでソウルイーターを読む(面白い!)みたいな生活を送っていて、最新のマンガはそんなに読めていないんですが、それでも僕が好きなタイプのSFマンガ何作かに出会えて、まあそれなりに満足のいくマンガライフを送れています。 いわ…

月光条例を読みました

ここ数年は週刊少年誌もロクにチェックできておらず、あとから読んでギョッとするマンガが多いです。週刊少年サンデー連載の藤田和日郎の『月光条例』、童話の登場人物が月の光でおかしくなってしまい現実世界で暴れまわるというお話ですが、そういう作品の…

かるた語

今日になってやっと、最寄りのTSUTAYAがコミックレンタルも扱っていたことに気付き、よろこんでいます。今回の引っ越しでは、これ以上、漫画を部屋に貯めこむのは無理があるのでは、ということに思い至り、購入を控えようと決意したばかりだったのです。当面…

ネット、コマーシャル

仕事を覚えるので精いっぱい、というような成句がありますが、まさにその通りで、twitterをチェックする時間もあまり取れておりません。みんながいろいろと面白い発言を書き込んでは、次々流れて行っているんだろうなあ、と考えると、さみしい気もしています…

益田ミリ『週末、森で』を読みました

益田ミリを読み始めたのは『すーちゃん』からです。いつもセリフと、セリフの間がとても印象的で、毎回「値段が高いよなあ……」と思いつつ買ってしまいます。『すーちゃん』というのはOL進化論の「35歳で独身で」をナイーヴにしたような4コマ漫画で、気ままに…

2007年おもしろかったマンガ

思いつくやつで。あとでコメント書きます。かよちゃんの荷物 1 (バンブー・コミックス)作者: 雁須磨子出版社/メーカー: 竹書房発売日: 2007/04/07メディア: コミック購入: 4人 クリック: 35回この商品を含むブログ (59件) を見る町でうわさの天狗の子 1 (フ…

古林海月『米吐き娘 大吟醸』

みなさん待望の米吐き娘の続刊が出ましたよ! よく「天然系」などといわれる古林海月が紡ぎ出した、奇跡のウェルメイド*1なガール・ミーツ・ガール短編、「刺客編」もバッチリ収録されてるのでみんな買うべきと思います。渋谷のブックファーストではかなりい…

だじゃれ

フラワーズ今月号?の付録、動物をテーマにした別冊「フラワーZOO」を読んだら、ファンシーな表紙なのに「かわいいペットのあの子が、今はもういない……」みたいな話がけっこうな割合で載っててちょっと笑ってしまった。

今日知ったこと

PEACH-PIT『しゅごキャラ!』は、すごいキャラではなく守護キャラ。みさくら脳すぎる。

ばらスィー『苺ましまろ』(5)

今回の帯コピーは「Kawaii wa seigi.」。偉大すぎる前例(=「かわいいは正義!」)があると大変だわね。マンガ本編でもセルフパロディみたいなことをやってて微笑ましい。

東雲太郎『キミキス』(1)

あ、ただ、そういえばこのマンガはワーワー騒がれてた類のマンガなんですが、僕が信頼を置いているサイトの人も褒めていたので買いました。そしたらけっこうアレね、中学生的なエロさ。エロマンガ家さんの東雲太郎がこんなのも書けるんだーと意外に思った覚…

萌えとかの話

いろいろ論争があるみたいでもはや追っかける気力も持ち合わせてはいませんが、おれに関する話でいえば、高校だか中学だかのときに読んだサガノヘルマー『BLACK BRAIN』で植え付けられた肉体改造に関するトラウマを、堀骨砕三が昇華してくれたという1点のみ…

フラワーズかなんか

小玉ユキの表紙が目立っているので読んだら、新連載はぼんくら学生の助けた白鳥が押しかけ女房になって……というお話でびっくりした。少女漫画ってばときどき「オタの妄想乙!」みたいな展開がふつーに許容されてたりするのでなかなか侮れない。小玉ユキの腕…

宇仁田ゆみ『うさぎドロップ』(2)

1巻のときからうすうす感じてはいたけど、宇仁田ゆみバケたな! 文句なくおもしろい。一時期に比べるとゆっくり描いてるのがいいのかね。以前は異常なハイペースだったもんな。 あ、なんか今ざっと調べたら、最近は出産してた(!)らしい。

初鎌倉

鎌倉すごい! 野生のリスがいたよ! うちの実家もたいがい田舎ですけどこれは初めてだなー。 鎌倉文学館はいいところでした。

笠辺哲『フライングガール』(2)

ええええええええ!!??終わった!!!!! これから何を楽しみに生きていけばいいのか……

封印作品のなんとか

hon・ninに載ってる『涼宮ハルヒの封印』を読んだら、みずのまこと版の涼宮ハルヒコミカライズが封印されたんだよというお話が載っていて、へえーと思ったんですけど、延々と「みずのまこと版は低質だった」と繰り返されていてちょっとみずのまことがかわい…

今日知ったこと

勝田文ってかつたぶんだったのか……。かつたあやだと思っていたよ。 渋谷とかのそれなりに大きな本屋を3軒ハシゴしても見つからないマンガが、amazonだと余裕で在庫あり。そりゃ負けるわよね。

佐藤大輔+伊藤悠『皇国の守護者』(4)

皇国の守護者はホントにおもしろさに隙が無くてすごいなあ、とつねづね思っていたのですが、4巻で出てきた「青旗」にはちょっと違和感、そこは白旗でいいんじゃねの? ということは要するに佐藤大輔氏はアヲハタジャムのファンであり、ひいては市場紗蓮さん…

石黒正数『それでも町は廻っている』(2)

浴衣を手にするたびについつい「浴衣、浴衣、ユカタン半島」と言ってしまうのがおれだけでないということがここに証明された

AERAの「ニッポンのマンガ」を読んで

いまさらながらに気付いたけど近藤聡乃ってすげえ高野文子チルドレンなんですねー。 あと高野文子は5年ぶり新作って書いてあって、あれ、ビッグイシューのは漫画じゃなかったってこと? いやチェックしてないんだけども。

涼宮ハルヒのなんとか

涼宮ハルヒさんのご活躍については僕も小説→アニメ→漫画の順でだいたい拝見したのですが、ふだん漫画に一番思い入れのある人間からすると、その中でツガノガクによる漫画版だけがおもしろくなかったということに失望を隠しきれません。ツガノガクというと、…

エマ

コミックビーム今号の『エマ』番外編が、とても良い万博漫画になっているのでみんな読むといい。万博が好きじゃないと描けないよこれは。第1回のロンドン万博。

米吐き娘がすごい

長らく休載していた古林海月『米吐き娘』が、現在3回限定の短期連載で復活しているということはみなさんもはやご存知のことと思います。そもそもおれが『米吐き娘』を推しているのは、生米を吐き出す娘さんが主人公というびっくり設定のインパクトも当然なが…

KITA『1リットルの涙』

これ、コミカライズやってるKITAって紺野キタだったのな! 字面でMEIMUみたいな感じの新人さんかと思ってスルーしてたーよ。うかつ……。

ブコファー

いつものようにブックオフで買い物をしていると、なにやら入荷本の整理をしていると思しき店員の方々の会話が聞こえてきて、例によってお得意の立ち聞きにふけったわけなんですけれど、その内容がなんと「洋物の児童ポルノはうちで売ってもよいものか?」と…

吾妻ひでお『うつうつひでお日記』

帯には「何もしてません。」と書いてあるけど、仮にこれが何もしてないんだったら『失踪日記』だって何も起きてねえじゃん、と突っ込みたくなる。内容は『失踪〜』と変わらずすばらしい(卵を茶碗に割り落とすところを見て鬱に入るシーンが一番笑った)、の…

コミックアライブ創刊

雨後の筍のごとく、新マンガ誌創刊ラッシュ。立ち読みしたら井ノ本リカ子とか國津武士とかが普通に連載してて変に豪華なメンツだなあと思った。あと近藤るるるはもちろん、kashimirも凄いね。

リテラシー

ときどき耳にする「漫画のキャラが全部同じ顔で区別がつかない」というような意見については、ああ、この人は漫画を読む能力が無いんだな、かわいそうに……、くらいにしか思っていないのですが、今日『後宮』(海野つなみ)を読んでみて、あたかも学校の授業…

ちょっと前の話ですけど

原一雄『のらみみ』の新刊を買って読んだら、キャラ紹介所の名前がずばり「ハローキッズ」だということにいまさら気付かされてびっくりした。もう4巻にもなるのに……。

今週のモーニング

また表紙が山口晃。前回のが評判よかったのかね。

笑っていいとも!

いいともをぼんやり見ていると、最近出ている書道の先生が『殺し屋1』の垣原にしか見えず、昼から暗い気分になってしまって困る。

ギャルサー

戸田恵梨香、鈴木えみ、新垣結衣、岩佐真悠子、佐津川愛美、矢口真里、と、みんな大好きアイドルの人たちがびっくりするくらいたくさん出演する新ドラマ『ギャルサー』の設定が、どうもどっかで聞いたような話なので、これって『道士郎でござる』をドラマ化…

山名沢湖

『レモネードBOOKS』と『でりつま』を買った、が、これタルいなあ。山名沢湖はもういいかなあという感じもしてきた。ああ、けど、コミックハイ!で今やってるやつはおもしろいんだよね。

西山佑太今昔

いま週刊少年マガジンで注目すべき漫画といえば、当然、西山佑太『ファッションリーダー今井正太郎』の狂騒っぷりなわけだが、その西山佑太は過去にアフタヌーン四季賞準入選を獲ってる西山友子と同一人物であり、さらにはフラッパーで佳作の小松菜子でもあ…

松本先生

金沢行きはまったくもって行き当たりばったりで臨んだために敦賀駅で75分ほどの乗り換え待ち(同じ路線なのに!)が発生。どうにも半端な時間なので途方に暮れているうち、ああ敦賀といえば松本零士ロードがあったよなあ、と思い立ってちょろっと駅から降り…

コミックショッカー

コミックショックの銀閣寺店がリニューアルするってんで、漫画は50円均一、その他も全品半額というややおかしい閉店セールを実施ちゅう。清原なつのがちょっとだけ漫画化した『家族八景』(2p)の載ってるダ・ヴィンチ99年11月号もようやく入手できてうれし…

おれはキャプテン

蟹江西人=カニエ・ウエスト、に気付かなかったのは失態だった……。コージィ城倉先生は凄いなあ……。しかし、野球選手にウエストなんて名前はそもそもどうなのか。

最近

西大路に行く用事があり、ついでにけいぶん社の西大路店にも寄ったのでこれでようやくけいぶん社の全支店をカヴァーしたことになる。まあ西大路店は普通の本屋であるよという話は前々から聞いていたのだけれども、とりあえずもうじき京都を離れてしまう、そ…

ただ

そろそろばらスィーは「次」に行ってもよいのでは、とも思います。

ICHIGO-MASHIMARO

ばらスィー『苺ましまろ』の一番凄いとこっていうのはもちろん、「子供がかけりゃ何でもいい」と明言するような作者が、「かわいいは、正義!」なんていう<かわいい>文化の一つの先鋭ともいえるコピーをぶち上げて、とにかく徹底した萌え世界を構築してい…

清原作品

清原なつのの絶版作品がさすがにブックオフでは見つかりにくいとあって、ネットオークションで揃えることにした。送料手数料分は高くつくけど、それでもだいたい定価以下くらいで手に入るんでいいかなーと。しかもネットオークションってわりかしちゃんとし…

FADER 11

噂のFADER漫画特集を買った。だって、取り上げられてる漫画家さんが全員好きなんですもの。志村貴子に小田扉に熊倉隆敏にばらスィーにあずまきよひこ辺りは一人載ってるだけで僕買いますよ。しかも志村貴子がニルヴァナ描いてたり加藤伸吉がスティーリー・ダ…

レイディオ

あー。こうの史代ゲストの本谷有希子のオールナイトニッポンを聞き逃してた……と書いたところでうちはラジオが入らないことを思い出した。

そういえば.mp3

『ニコイチ』は父親が子供のためにトランスヴェスタイトなお話で、そういえばその逆のパターンの漫画も何かあったよな……って日渡早紀『GLOBAL GARDEN』(アインシュタインが出てくるあれ)だ! あれって序盤しか読めてないけど、確か、息子を喪っておかしく…

金田一蓮十郎『ニコイチ』(1)

ヤングガンガン(笑)連載の金田一蓮十郎最新作は、血の繋がらない死んだ恋人の息子を引き取るため、身も心も母親になることを決めた青年の苦難の日々、というお話。どうこれ! もうこの設定の時点で買いではないですか! いや、これだけ読むと非常にシビア…